σ(・ω・ )の詩

『存在』

貴方の顔も 貴方の名前も 貴方の声も 
知らないけれど
貴方の優しさはしっています
貴方の暖かさはしっています

私の顔も 私の名前も 私の声も
知らないけれど
私のことを大切にしてくれて
私のことを支えてくれて

そんな貴方の存在がすっごく大きく
短い時の中で たくさんの思いをくれたね

貴方のおかげで 無くしたものを
少しかもしれないけれど 見つけれた

何で知らないのに こんなにしてくれるの?
何で知らないのに 大切にしてくれるの?

でも、私は
知らないからこそ、 貴方に救われたのかもしれません
[PR]
by anata-no-song | 2005-09-11 23:56 | uta集
<< 優しさって(・ω・) 台風の傷跡?``s(・ω・;) エッ >>