σ(・ω・ )の詩

「変わらぬ思い」


どれだけの時間が経ったのだろう

貴方が何をしているのか

何を思い  何を考え

すごしているのか

今ではわかりません

それでも  貴方が現れたとき

あの時と変わらぬ

私でありたい


どれだけの思いを閉まってきただろう

貴方は元気に過ごしているのか

誰を思い  誰の傍

誰を求めているのか

今ではわかりません

それでも  貴方と話すとき

あの時と変わらぬ

優しさでありたい


変わらずあり続ける

それは辛いことかもしれません

それは苦しいことかもしれません

それでも

私は変わらず あの時のままの私で

貴方と過ごしたい

それだけ

貴方が 大切なのかもしれません

不思議に 貴方の前ではそうでありたいと

思うのです


どんな貴方でも

どんな関係でも

私は 変わらない
[PR]
by anata-no-song | 2006-01-29 20:03 | uta集
<< 「思い出になる前に」 hide☆ミ >>