σ(・ω・ )の詩

『キミの居ない時』


キミの居ない時
一人ぼっちになり 寂しくて寂しくて
泣いてしまいます
キミの存在の大きさが
キミがいる事の大切さが

そして心からキミを求めていることに

気づかされます

欲張りなのかもしれません
ワガママなのかもしれません

それでも、
私はキミにずっと側にいてほしい
私だけのキミでいてほしい

だって、私はキミを
心から愛してる・・・・から・・・・

[PR]
by anata-no-song | 2005-12-13 21:23 | uta集
<< 業界研究かぁ・・・・ 『ねぇ、届いてる?』 >>