σ(・ω・ )の詩

『祈り』@

幼い貴方の手を繋いだ 震えてる体抱きしめて




ここまで歩んだ道 時間たぐり寄せ
どれほど探してきた 名前さえ知らないけれど
この思い 唯一つの思いを 貴方に手渡したくて
時間は痛みを 深く 優しく 抱きとめて
消していくけれど 私は覚えている ずっとずっと
私の胸の奥に 響いてた
微かなささやきだけれど
たくさんの星の流れ 紡ぐ糸のように 
祈りが 遠く離れた貴方の 空に届きますように
[PR]
by anata-no-song | 2005-10-11 05:04 | uta集
<< 『またいつか』 『気づいてる?』 >>